××× 食べると危険な植物・食品 ×××

   

    あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 花・庭木類

 

  

 食べさせないほうがいい、食べさせちゃいけない食品

  

 植物名・通称 科名 有毒成分

 アイビー ウコギ科  

 (セイヨウキヅタ,ヘデラ)

 アイリス アヤメ科  

 (アヤメ,ジャーマンアイリス)

 アグラオネマ サトイモ科 シュウ酸塩(ディフェンバキア参照)

 アサ アサ科 主にテトラヒドロカナビノール化合物

 (大麻,マリファナ)

 アサガオ ヒルガオ科 LSDが種に入っている種類もあり、下痢をする

 可能性がある

 アザレア ツツジ科 グラヤノトキシン(これは非常に危険な植物で、

 葉を一枚食べただけでも、重症になる可能性がある)

 アジサイ ユキノシタ科 青酸産生性のグリコシド

 (ハイドランジア)

 アスパラガス類 ユリ科 毒性が非常に高い植物分類には入らない

 アセビ ツツジ科 グラヤノトキシン(アザレア参照)

 アボカド クスノキ科  

 アマリリス ヒガンバナ科 リコリンほか多数

 アロエ類 ユリ科 サポニン類

 アンズの種 バラ科 (リンゴ参照)

 アンスリウム サトイモ科 (ディフェンバキア参照)

 イエスタデイ・トゥデイ・トゥモロウ ナス科  

 イチイ,セイヨウイチイ イチイ科 タキシンAおよびB、揮発性の油分の毒性が

 非常に高い。

 イヌサフラン ユリ科 コルヒチン(および関連アルカロイド類)

 イヌホオズキ ナス科 ソラニン、サポニン類、アトロピン類似物質

 イヌマキ マキ科  

 (マキ,ラカンマキ)

 インドゴムノキ クワ科 American rubber plantは毒性をもたない植物の

 リストに 入っているが自分の家にある植物が

 どちらであるか、確認する必要がある)

 インパチエンス ツリフネソウ科  

 ツリフネソウホウセンカ

 オニユリ ユリ科 (テッポウユリ参照)

 (タイガーリリー)

 カストルビーン トウダイグサ科 リシン(トキサルブミン)

 (ヒマ,トウゴマ)

 カラー サトイモ科 (ディフェンバキア参照)

 カラジウム サトイモ科 (ディフェンバキア参照)

 グラジオラス アヤメ科  

 クリスマスローズ キンポウゲ科  

 クレマチス(テッセン) キンポウゲ科 プロトアネモニン

 グロリオサ ユリ科 (イヌサフラン参照)

 コルディリネ類 リュウゼツラン科 (ドラセナ「幸福の木」参照)

 サイネリア キク科  

 (シネラリア)

 サクランボの種 バラ科 (リンゴ参照)

 ジギタリス ゴマノハグサ科 強心配糖体

 シクラメン サクラソウ科  

 ジャケツイバラ マメ科  

 シンゴニウム類 サトイモ科 (ディフェンバキア参照)

 スイートピー マメ科 アミノプロピオニトリル

 (恐らく、少量では毒性はない)

 スイセン ヒガンバナ科 ナルシッシン(=リコリン)、ナルシポエチンなどを

 (ナーシサス,ダフォディル) はじめとするアルカロイド

 スズラン ユリ科 強心配糖体、コンバラリン、コンバラトキシン

 (ドイツスズラン)

 スパティフィラム類 サトイモ科 (ディフェンバキア参照)

 スモモ(プラム)の種 バラ科 (リンゴ参照)

 セイヨウキョウチクトウ キョウチクトウ科 強心配糖体、ネリオシド、オレアンドロシド

 オレアンドリン。

 この植物は極度に毒性が高い。致死的である。

 セイヨウヒイラギ モチノキ科 サポニン類

 セネキオ キク科  

 (ジャーマンアイビー

 ミドリノスズ)

 センダン センダン科 テトラノルトリテルペン−神経および胃腸毒素

 ソテツ類 ソテツ科 サイカシン、発癌性を持つ

 タマサンゴ ナス科 ソラニン

 (リュウノタマ)

 タマネギ ユリ科 N-プロピルジスルフィド(注:ネコの方が感受性が

 高いが、うさぎに問題であるかどうか、よくわかって

 いない)

 チューリップ ユリ科 非常に毒性が高い

 ツタウルシ ウルシ科 人間には刺激性があるが、通常、動物には問題ではない。

 poison oakも同様である。

 ツツジ ツツジ科 (アザレア参照)

 ツルウメモドキ ニシキギ科  

 ディフェンバキア類 サトイモ科 ディフェンバキアには多数の種類があり

 一部はDumb caneと呼ばれている。

 それらはとても毒性が強く、シュウ酸カルシウムの結晶が

 植物の細胞内に見られる。

 蛋白質分解酵素も存在する。

 ディフェンバキア, フィロデンドロンなどの仲間は

 最も毒性の強い園芸植物に入ることが確実である。

 テッポウユリ ユリ科 テッポウユリとその仲間の一部は

 (イースターリリー) 猫にのみ有毒であることが知られているが

   だからといって、すべてのユリにあてはまるわけではない。

   例えば、glory lilyグロリオサは、テッポウユリではなく

   イヌサフランと 同様の毒性を持っている。そ

   の他のユリ科植物は、毒性を持たない植物のリストに入っており、

   一つ一つを別のものとして考えないといけない。

 トチノキ トチノキ科  

 トマトの葉と茎 ナス科 葉と茎はソラニンを含有する(イヌホオズキ参照)

 ドラセナ リュウゼツラン科 毒物主成分は明記されていないが、一般にドラセナ類は

 (幸福の木) 非常に毒性の高い植物であるので、できれば避けること。

 その他のドラセナ類 リュウゼツラン科 ドラセナ(幸福の木)参照

 ナンテン メギ科 青酸配糖体

 ビタースイート ナス科 グリコアルカロイドのソラニン、アトロピン類似化合物

 ヒヤシンス ユリ科 grape hyacinthと呼ばれるものは無毒であるが、

 分類学的 に無関係な植物であることに注意)

 フィロデンドロン類 サトイモ科 (ディフェンバキア参照)

 ブラッシア(シェフレア) ウコギ科 (ディフェンバキア参照)

 プリムラ(サクラソウ)類 サクラソウ科 胃腸障害を起こす可能性あり

 プレカトリービーン マメ科 (注:これらの豆類は非常に毒性が高く、死を招く可能性もある。

 毒性は、咀嚼時に種子の殻が壊れると増大する。

 うさぎをはじめとする動物たちから遠ざけておくこと)

 ヘメロカリス ユリ科 (テッポウユリ参照)

 ペンシルカクタス トウダイグサ科  

 ポトス類 サトイモ科 (ディフェンバキア参照)

 ポインセチア トウダイグサ科 口腔内を刺激する可能性があるが、

 普通は少量飲み込んでも 何ら悪い作用は出ない。

 毒性が過大に評価されている。

 マカダミアナッツ アオギリ科 イヌでのみ、中毒が報告されている。

 (オーストラリアンナッツ,

 クイーンズランドナッツ)

 モモの種 バラ科 (リンゴ参照)

 モンステラ類 サトイモ科 (ディフェンバキア参照)

 ヤドリギ ヤドリギ科 トキサルブミン、フォラトキシン、ヴィスクミン

 ユッカ類 リュウゼツラン科  

 ユリ類その他 ユリ科 (テッポウユリ参照)

 リンゴの種 バラ科 種子は青酸(シアン化水素酸)化合物を含有

 

 花・庭木類

 あさがお 種子の中に、ファルビチンという樹脂配糖体を含んでいるので、多く食べると強い下痢を起こします。 

 シクラメン シクラミンというサポニン配糖体が根茎に含まれていて、食べると嘔吐や胃腸の粘膜のタダレを引き起こします。 

 パンジー 三色スミレのこと。主に種子や根茎に神経毒のビオリンなどを含み、間違って食べると嘔吐や神経マヒを起こします。 

 チューリップ 球根には、アレルギー物質のツリパリンを含み、多く触るとかぶれをおこします。また、心臓毒も含まれるので 

 誤食に注意しましょう。 

 すずらん 強心配糖体のコンバラトキシンやコンバロサイドを多量に含むので、食べると強心、利尿を作用をおこし、多量に 

 食べると血液凝固が起こり、また心不全の状態となって死んでしまいます。 

 スイセン スイセンの仲間は、全て有毒です。全草に毒が含まれているのですが、特に球根の多くのコリンと言う有害物質を 

 含むので、食べると頭痛・下痢・嘔吐・胃腸炎を起こします。 

 つつじ つつじの仲間には、有毒なものが多いので注意しましょう。アセビの花や葉っぱ、樹皮などには、薬理作用の強い 

 有毒成分が含まれます。苦味質のアセボトキシンやグラヤノトキシンVなどにより、食べると嘔吐や下痢をおこし 

 重症の時には神経マヒ作用、呼吸困難などにより、死んでしまうこともあります。 

 とちのき とちのきは薬草や山菜としても、よく知られていますが、種子には多くのサポニンを含み、多くの中毒例があります 

 アクが強く、そのまま食べると胃腸障害や下痢などを引き起こします。 

 もちろん、加工・調理すれば食用にもなります。 

 おしろいばな 全草が有毒です。特に根や種子にトリゴネリンを含み、間違って食べると嘔吐、下痢、腹痛を起こします。 

 ヒヤシンス たまねぎ状の鱗茎の中には、蓚酸(しゅうさん)カルシウムが多く含まれ、この結晶が小さな針状になっている為 

 汁液が肌にくっつくと、皮膚炎を起こしてかぶれます。 

 ほおづき 古くから民間療法でもありますが、子宮の緊縮作用を起こす物質のヒストニンが含まれる為に、注意が必要です。 

 あんず 種の中身に、酸(シアン)配糖体。体内呼吸を止め死に至る 

 *びわ・もも・リンゴ・さくらんぼ・アボガド・うめ などの未成熟な実および、種の中身 

 生の豆類 インゲンマメを生で多食すると、含まれているレクチンという物質によって、腸粘膜に炎症を起し 

 肝臓や心臓に悪影響を及ぼします。 

 これなども一種の毒・生理活性物質です。なお、この物質も15分程度の煮熟で活性を失います。 

 じゃがいも 誤食部位: ジャガイモの発芽部分、緑色の表皮部分 

 毒成分  :ソラニンというアルカロイド。ソラニンは煮る、焼くなどの加熱調理をしてもほとんど分解されません。 

 症状    :おう吐、下痢、腹痛、脱力感、めまい、呼吸困難など。 

 モロヘイヤ 誤食部位: 種子 

 症状    :牛で食欲不振、起立不能、下痢、死亡。 

 毒成分  :種子に含まれるストロフェチジンという強心配糖体。アフリカ原住民の矢毒として用いられた毒成分。 

 ほうれん草 シュウ酸・硝酸塩を多く含む。(生は特に危険。) *茹でれば大丈夫と書いている飼育本もある。 

 レタス 硝酸塩を多く含む。食べ過ぎると下痢など起こす。